1月に植えられる野菜の一覧まとめ ※初心者におススメの野菜も紹介!

1月に植えられる野菜

1月に植えられる野菜

1月に植えられる野菜一覧と、おすすめの野菜、また1月に野菜を植える際の注意点をまとめてみました。

本来は種植えに向かない1月ですが、条件次第では可能に

1月は1年の中でももっとも寒い時期への入り口です。

本来は種植えには向きませんが、植え方や条件次第では、野菜を育てることも可能です。

葉野菜

小松菜

ほうれんそう

スプラウト

ベビーサラダ

レッドマスタード

ルッコラ

根菜

カブ

小カブ

果菜

エンドウ

絹サヤ

1月に植えられる野菜として上記にご紹介したものも、ほどんとが適期は1月ではありません。

それでも、寒さ対策すれば種植えが可能です。

今回は上記の中から1月でも植えられる野菜や室内で植えられる野菜ついて、植え方の注意点などを少し詳しくご紹介します。

1月に植えられる代表的な3つの野菜

スプラウト

スプラウト

スプラウトは基本的に室内で育てる野菜。

室内栽培ですので1月でも種植えすることができます。

深さ5㎝ぐらいまでの容器に脱脂綿かキッチンペーパーを1㎝厚ぐらいに敷き、充分に水を含ませたら種を均等にまくだけで準備はOKです。

種を水に1日ぐらい漬けてからまくと、発芽が早くなります。

注意点は、発芽するまでアルミホイルなどで遮光して光を遮ること、発芽して種の位置が安定したら定期的に水を交換して水の腐敗を避けることです。

発芽後は1週間程度で7~8㎝になり収穫することができます。

一口にスプラウトと言ってもブロッコリー、カイワレ、豆苗などさまざまな種類があります。

スプラウトはビタミンなど栄養も豊富ですので、いろいろな品種を試してみてください。

ルッコラ

ルッコラ

ルッコラは本来、3~7月、9~12月が種植えの適期ですが、寒さにより強い品種を選び、寒さを凌ぐ工夫をすれば1月からでも栽培が可能です。

近くに置いて育てられるプランター栽培なら、頻繁に生育状態をチェックできるのでおすすめです。

種は筋まきにし、ビニールトンネルを掛けておきます。

葉が伸びたら葉を根元からハサミで切り取って収穫してください。根が残っている限りは繰り返し収穫できます。

ただし、冬は収穫するまで2ヶ月程度かかり、葉も堅くなりがちだということは知っておいてください。

カブ

カブ

通常ならカブも適期は11月頃までですが、比較的暖かいエリアなら防寒対策次第で1月からでも育てることは可能です。

カブの場合も管理しやすいプランター栽培がおすすめ。

種を土に直まきしたら、寒さ対策にもみ殻などを薄く敷いてください。

不織布と空気穴を開けたビニールなどで、種植えした場所をしっかりを覆います。

本葉が2~3枚出たら最初の間引きを。その後は成長に合わせて2回程度間引きし、最終的に株間が15㎝程度になるようにしてください。

寒い時期は暖かい季節に比べて球が大きくなりにくいので、間引きの時期を逃さないことが大切。

間引きの後は条間に追肥を行い、軽く土寄せしてください。

3~4月頃には収穫をすることができます。

トウ立ちさせてしまうとカブが固くなってしまうので注意してください。

1月に種や苗を植える場合の注意点は?

1月は元来、種まきには向かない季節です。

頑張って1月に種まきするなら防寒対策が必須です。

寒さに強い品種を選ぶ

1月はそうでなくても発芽までに時間がかかります。

植える品種を間違えると発芽しませんので、寒さに強い野菜の中でも耐寒性のある品種を選ぶことが大切です。

種袋の裏を読んで、なるべく寒さに強い品種を選んでください。

寒さ対策は万全に

寒さに強い野菜でも1月に種まきすると発芽や成長に時間がかかります。

その間、寒さにやられないようしっかり対策する必要があります。

トンネルは寒冷紗とビニールを両方使うのがおすすめ。

ビニールには空気穴も開けておきましょう。また、マルチを敷いたり、もみ殻や枯葉などを敷いて苗元が冷たくならないようにしてください。

水まきは暖かい午前中に

冬に水をまく場合は、午前中の気温が少し暖かくなってからが良いでしょう。

夕方に水まきすると地面が凍ってしまうこともあります。

気温が氷点下になるような日は水まきを控えた方が良いでしょう。

水まきは暖かい午前中に

家庭菜園が難しい時期。でも工夫すれば植えられる野菜も!

1月は気温が低いだけでなく、2月にかけて2ヶ月以上も寒さが続きますので、種まきにはあまり向きません。

でも、比較的温暖なエリアなら、防寒対策次第で植えられる野菜があります。

また、温かい家の中での栽培は家庭菜園ならではの楽しみです。できることを見つけて家庭菜園を楽しんでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です