8月に植えられる野菜の一覧まとめ!初心者におススメの野菜も紹介!

8月に植えられる野菜一覧と、おすすめの野菜、また8月に野菜を植える際の注意点をまとめてみました。

暑いけれど8月は冬の野菜づくりの始まり

8月は冬野菜の種まきや苗づくりに着手する時期です。中には8月を逃すとうまく育たない野菜もあります。

葉野菜

空芯菜

セロリ(苗)

小松菜

キャベツ(苗)

芽キャベツ(種・苗)

スティックセニョール(種・苗)

ブロッコリー(種・苗)

カリフラワー(種・苗)

白菜

葉ねぎ

レタス

リーフレタス

ターサイ

ケール(種・苗)

スイスチャード

水菜

チンゲン菜

パセリ(種・苗)

根菜

じゃがいも

ニンジン

たまねぎ

大根

ビーツ

ゴボウ

カブ

果菜(苗)

ササゲ(種・苗)

今回は、上記の中から、白菜、大根、カリフラワーについて、植え方や管理方法をご紹介しましょう。

8月に植えられる代表的な3つの野菜

白菜

白菜の種を植えるなら8月中旬から下旬が適期。白菜は、種まきが遅くなって充分に大きくならないうちに初冬を迎えてしまうと結球しなくなります。適期を逃さないようにしてください。

種を植える2週間前までに苦土石灰を施し、1週間前までに原肥を施します。40㎝ぐらいの間隔でまき穴を開けたら一か所に4~5粒ずつ種をまき、本葉5~6枚になるまでに1本になるよう段階的に間引きしてください。

アブラナ科の野菜は秋にアオムシなどの被害を受けやすく、一度虫がつくとたちまち葉が穴だらけに。畑に直に種まきする場合は最初の段階で虫除けネットをしっかり張る必要があります。

畑が自宅から離れている場合は管理しやすいポットで苗を育てるのがおすすめです。本葉5~6枚程度になったら株間40㎝程度に植えつけます。

大きな白菜を作るためには早い段階で葉を大きく成長させる必要があります。追肥は早い段階から2~3週間隔で行ってください。葉が大きく成長し15~16枚ぐらいになると結球し始め、植え付けから50~60日後、結球部分が固くなったら収穫できます。

大根

大根の種まきは8月下旬ぐらいから行えます。種は株間20cm程度、1ヶ所4~5粒ずつまきます。

大根もアブラナ科の野菜でコナガやアオムシの害を受けます。種をまいたら虫よけネットをかけておきましょう。本葉1枚の時に2本に、本葉が4~5枚になったら1本に間引き、株元に土寄せしましょう。

気をつけたいのは肥料の施し方。大根は根が肥料に触れると先が割れて二股になってしまいます。肥料は株から離して条溝施肥にしましょう。肥料は本葉1枚の時に一度、その後は20日おきに2回追肥すると良いでしょう。

カリフラワー

カリフラワーは種まきも苗の植え付けも8月が適期ですが、こちらもアブラナ科の野菜のため、害虫被害に遭いやすいのが欠点。初心者はポットで苗を育てるか、苗を購入するのがおすすめです。

ポットに4~5粒ぐらいずつ種をまき、段階的に間引いて本葉2枚になるまでに1本にします。畑は2週間前までに苦土石灰を、1週間前までに原肥を施して準備しておきます。

苗が本葉5~6枚まで成長したら、畑やプランターに植え付けてください。苗を植えたら虫よけネットなどを張って防虫しましょう。カリフラワーは収穫までが長いので肥料はしっかり効かせます。苗を植えてから1ヶ月後に最初の追肥、カリフラワーの蕾ができ始めたら二度目の追肥をします。

カリフラワーの蕾は日光に当たると黒ずみます。蕾ができ始めたら、周りの葉で包み込むようにして日光を遮ってください。収穫時期は品種によって異なりますが、蕾ができてから2週間から1ヶ月ぐらいです。

8月に種や苗を植える場合の注意点は?

8月は暑くて乾燥すると同時に台風の影響もあって、野菜には厳しい季節です。暑さや台風に対処する必要があります。

乾燥は厳禁。水やりを忘れずに、

8月に種や苗を植えた後は乾燥に注意する必要があります。乾燥しすぎると芽が出なかったり、苗が枯れてしまったりすることもあります。

水やりは朝早くか夕方、気温が低めの時間帯にたっぷりあげてください。

8月は台風の季節。台風に備えることも大切

台風の大雨や暴風により、種が流れる、苗が倒れる、葉が擦れて枯れるといった被害が出やすいのが8月です。台風が来ると分かったら、プランター栽培の場合は雨風の当たらない場所に移動しましょう。

畑の場合、苗にはビニール製のキャップを被せたり、支柱同士を紐などで結んで株をしっかり固定するなどして野菜を守ってください。

8月に種まきするなら準備は7月下旬から

8月以降、植えられる野菜の種類はぐっと増えてきます。野菜によっては種まきの適期が短いものもありますので、しっかり計画を立てましょう。8月中旬に種まきするなら、土づくりは7月下旬からスタート。真夏の炎天下に土づくりをするのは大変ですが、冬野菜の収穫のためには頑張り時です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です