10月に植えられる野菜は? 一覧まとめ!初心者におススメの野菜3選も紹介!

10月に植えられる野菜

10月に植えられる野菜一覧と、おすすめの野菜、また10月に野菜を植える際の注意点をまとめてみました。

秋野菜の植え付けが本格的に!10月にはどんな野菜を植えたら良い?

10月は温暖な地域でも秋の気配が本格的になる時期。昼と夜の気温差が大きくなる季節でもあります。10月にはどんな野菜を植えれば良いのでしょうか?

葉野菜

●玉レタス

●リーフレタス

●サラダ菜

●小松菜

●セロリ

●水菜

●ルッコラ

●ミツバ

●クレソン

●ニラ

●カラシ菜

●チンゲン菜

●キャベツ

●みょうが

●パセリ

根菜

●ニンニク

●たまねぎ

●カブ

●ラディッシュ

●らっきょう

●エシャロット

●にんじん

果菜

●いちご

●スナップエンドウ

●サヤエンドウ

10月上旬と下旬では、気温が大きく変化する場合があります。植える場所によって種植えに適した野菜が変わりますので、植えたい野菜の適期を把握して計画的に植えましょう。

今回は上記の中からニンニク、リーフレタス、パセリについて、植え方の注意点などを少し詳しくご紹介します。

10月に植えられる代表的な野菜

ニンニク

にんにく

ニンニクには、東北など寒冷エリア向きの品種と九州など温暖なエリア向きの品種があります。まず、植え付けるエリアに合った品種を選ぶことが大切です。

また、寒冷地なら9月から植えられますが、中間地や温暖な地域では10月半ばぐらいの方が良いでしょう。気温が25℃以上になる日が続くと、種球の発芽率が極端に下がってしまうからです。

植え付けた後は少し乾燥気味に育てますが、ある程度芽が出てしまえば手がかからないのもニンニクの良いところ。追肥は植え付け1か月後と1~2月の二度だけでOK。水やりも週に一度ぐらいで充分です。

たとえ、雪が降ってニンニクの芽が埋まってしまっても心配いりません。そのまま雪解けまで放っておけば、倒れた芽がしっかり立ち上がります。

収穫は翌年の5~6月ですが、入梅してしまうとニンニクが腐ってしまうこともあるので葉が枯れたら早めに収穫してください。

リーフレタス

リーフレタス

リーフレタスは9月下旬から適期が始まり、10月中旬ぐらいまで植えることができます。

玉レタスに比べて短い期間で収穫でき、収穫時も外側の葉から順次、収穫していくと中から葉がどんどん出てきて長く収穫できます。

比較的、害虫被害にも合いにくいので初心者でも充分に楽しめます。

パセリ

パセリ

パセリは春と秋の両方に種まきができる野菜ですが、秋は10月が適期です。病害虫の被害に遭いにくく、プランターでも大きく育てられますので初心者にもおすすめ。ニューカールサンマーのような秋向きの品種を10月に植え、冬の時期はビニールトンネルをかけて育てれば、翌年の春から秋まで長期間、収穫できます。

肥料も1ヶ月に一度程度でよく手間もかかりませんが、乾燥を嫌うので土が乾いたら忘れずに水やりしましょう。

10月に種を植える場合の注意点は?

9月に種を植えるうえで、気をつけなければならないのは気候の変化と野菜の適期です。

適期を逃すと芽が出ないことも。種植えの適期を見極めることが大切

10月は気候が変わりやすい時期。昼間は暖かくても、日が落ちた後にぐっと気温が落ちることも少なくありません。

10月の上旬が種植え適期の野菜は、下旬になると芽が出にくくなることがあります。

また、暑さに弱い野菜は上旬だとうまく育たないこともあります。種袋の裏面に書いてある適期を確認して、タイムリーに種植えすることが大切です。

種植えのタイミングを逃したと思ったら苗にシフト

9月に植えようと思っていた野菜。台風などの影響でうっかり10月になってしまったということもありますよね。

そんな場合は、種ではなく苗を購入すれば10月でも充分に間に合います。時期を逃したと思ったら種ではなく苗で間に合わないかチェックしてみてください。

実際、苗は種植えからスタートするより簡単ですので、初心者にはおすすめです。

気候変動に耐えやすいプランター栽培もおすすめ

気候の変化に弱い野菜や雨風でダメになりがちな葉菜などはプランター栽培もおすすめです。

プランターなら寒冷紗を掛けたり、移動したりするのも簡単ですので、野菜を天災から守ることができます。

プランター栽培

植えられる野菜がいっぱいの10月。天気予報とも相談しながら計画的に

10月に植える野菜の中には暑さに弱い野菜と、寒さに弱い野菜が混在しています。その年の気候と相談しながら、葉物優先に植えるのがおすすめです。たまねぎやカブなどは10月下旬から11月でも充分間に合いますので、後回しでもOK。計画的に植えることでロスなく野菜作りを楽しめます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です